レイキ2の話。

Pocket

レイキ2のクラスは、2日間で、先生のシャンタル、

通訳のリリーさん(オーナーさんです)、生徒は私を含め日本人3人でした。

どんな人が一緒なのかしら?とドキドキでしたが、

お二人とも素敵な駐在員の奥さまでした。

1日目は、アチューメントと言って、直訳すれば、波長を合わせるという意味ですが、

レイキの回路を強くしてもらう儀式のような、作業が行われました。

目を閉じて先生が一人ずつまわってきて行われるのですが、

目を閉じていてもとて明るく、第3の目(額の真中)あたりで、

薄紫やブルー、グリーンの光を感じるという不思議な体験をしました。

他の二人も似たような感覚を覚えたようでした。

そのあとはシンボルといって、例えるならおまじないをするときに

書く記号のようなもの、と、その使い方をを教えてもらいました。

レイキ1とレイキ2の違いは、遠隔でもレイキのパワーが

送れるようになるようになるということで、

目の前にいなくても、ヒーリングができるようになるということです。

ここで全部を紹介できませんが、レイキの可能性が広がります。

2日目に、実際に手を当てないで練習したのですが、

「ああ、なんとなく伝わる~」という感覚がわかりました。

 

日本に帰って来てからは、できるだけセルフトリートメントを

するように心がけていてます。

レイキは、信仰とは関係ないので信じる必要もありません。

ただ、身を任せて練習を繰り返しているところです。

お問い合わせはお気軽に

Pikake(ピカケ)は手作り石けんを基礎から学べる教室です。