キャスターオイルの実。

Pocket

昨日は船橋にある東邦大学付属メディカルガーデンに

村上志緒先生の講座を受けに行ってきました。

まずは秋のハーブガーデンの観察。

花がまだ残っているものや、すっかり種をつけているもの。

志緒先生のお話もわかりやすく、どの植物の秋の表情も

魅力的に聞こえます。

私が一番気になったのは「トウゴマ」。

いつも石けん作りに使っているキャスターオイル

(ひまし油)を取る植物です。

なんでトウゴマ油でなくひまし油なのかなぁ???

 

 

まさかこんなチラチラした赤い花だとは!知りませんでした。

 

 

こちらが実。とげとげがかわいらしく、熟すとその中に

何かのタマゴのような種が3個入っています。

実習では「種子を使ったシロップ剤」を作りました。

 

 

フェンネル、アンジェリカ、カルダモン、シナモンを

グラニュー糖を溶かした水で煮だし

最後にレモンで味を調えていきます。

ひと言でいうと、秋の味。

思っていたよりずっとおいしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへにほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

お問い合わせはお気軽に

Pikake(ピカケ)は手作り石けんを基礎から学べる教室です。